この季節、太い下半身をなんとかしたい!憧れるのは「まっすぐ美脚」

まっすぐ美脚に憧れていませんか?

普段、あまり使わない場所だけに、なかなか落としにくく女性を悩ませる太もも。

せっかくダイエットに成功したと思っても、いざパンツを履いてみると、洋ナシのような形が気になるという方はいませんか?

そこで、まっすぐに伸びた脚にあこがれるひとに、ちょっとしたコツをご紹介します。


せめて、ほっそり体形にスッキリキレイに見せるワザもあるんです!

236832.jpg

すっとまっすぐ伸びた脚は、スカートやパンツ、どんなアイテムも綺麗に着こなせるだけに、女子ならみんな憧れちゃいますよね。おしゃれのレパートリーも広がります。

でも、どうして太もも下半身は太りやすいの?

一般的によく言われる理由は、骨盤や股関節の歪みのせいではないかと言われているようです。

特に、毎日デスクワークが多い女性の場合は、腰から下の筋肉を使うことが少なく、座ったままの時間が多いため骨盤も開きがちになります。

内股など、外側に負担がかかる歩き方も、歪みを作る原因の一つと言われています。

ウエストから下の、大腿骨の外側にある骨、大転子。骨盤や股関節に歪みがでてしまうとの骨が外側に張り出してしまい、その結果、お尻や足を太く見せてしまうんですね。

→SNSでも簡単&ステキと話題なのがコレ!

きれいな姿勢や歩き方も習慣にしよう

それではここで、姿勢や歩き方に自信がある人もない人も、「自分の歩き方を見直した方がいい人なのかどうか?」を発見するためのチェックをしてみましょう。

tyIm.jpg

1:よく躓(つまづ)いたり、転んだりする
2:雨の日に泥を跳ね上げてしまう
3:靴底のすり減り方が左右で極端に異なる
4:積極的に歩いているのに足の浮腫みがとれない
5:歩くと膝や腰が痛くなる
6:少し歩くだけですぐに疲れてしまう
7:歩いてもウォーキングの健康効果を得られた気がしない


以上7つの項目で、ひとつでも該当する人は、一度歩き方を見直すことをオススメします。

それでは正しい歩き方や姿勢とは一体どのようなものでしょうか?

まず、猫背になるのを気を付けて胸を張って歩くには、肩甲骨を中央に寄せるように意識する事です。

基本的な正しい立ち姿勢の習慣がついていないと、歩く時にも猫背ぎみになったり、お腹を出して歩いたりといった風に変な歩き方になってしまいます。

まずは立った時にまっすぐ立っているか確かめるために、壁に体をぴったり付けて、肩やお尻、かかとがしっかり壁にひっついているか確かめてくださいね。

できるだけ歪みを発生させないように、重心を中心におき背筋を伸ばして歩くことや、足をやたらに組まない、などの習慣も大切です。

夏はデニムを素敵に着こなして

484x800.jpg

すらりとまっすぐに伸びた足は、シンプルなデニムさえおしゃれアイテムに見せてくれます。簡単ストレッチやマッサージを続けて、美脚を目指しちゃいましょう!

→必見・初めてでも失敗なしの下半身痩せ♡




トップページ > ダイエット > この季節、太い下半身をなんとかしたい!憧れるのは「まっすぐ美脚」